3月2回目の花

3月2回目のお花が届きました。
チューリップがメインです。変わった色のが1本ありました。

3月2回目の花
3月花2
  • チューリップ
  • リューココリーネ
  • ブプレリウム
  • コデマリ

買った本

ようやく文庫本になったので購入。
北欧ミステリーが好きでいろいろ読んでいますが、北欧の中でも特に馴染み薄い国、アイスランドのミステリーです。

厳寒の町

作者の「アーナルデュル・インドリダソン」、5作目なので名前ようやっと覚え、言えるようにもなりました。
人におススメするとき、どうしても作者名が出ない、出てもうろ覚え、ちゃんと覚えても言うとき噛み噛み、を乗り越えてやっとです(笑)

1961年アイスランドのレイキャヴィク生まれ、私と同い年です。

作者名を覚えたとて、毎回登場人物の名前も読むときは心のうちで噛み噛み。
主人公とその同僚たち、毎回の登場人物でさえ大変💦

今回も扉の「登場人物」のところをざっと見ても
エーレンデュル、シグルデュル・オーリ、ゲストゥール、ヴィルヒャルムール、グドムンデュル、ソルヴァルデュル・・・・呪文ですね~💦

でも、ストーリーはいつもはずれなし、お気に入りのシリーズです。
「湿地」「緑衣の女」「声」「湖の男」どれも面白かったです。

今日はこの本をゆっくり読めるからとても嬉しい。
楽しみな読む本があるときって気分が上がります。
だからゆっくり堪能して読もうと思うのに、いつもすごい勢いで(私は読むのがすごく速いのです・・)一気読みしてしまう。
せっかく買ったのにあっという間に終わってしまうのが残念・・と一気読みしたあと思う💦

ゆっくり堪能するぞ~と思うのに、どうしてもゆっくり読むってできないんですよね、先が知りたくてどんどん読んでしまう。もったいない。本を読むとき限定でせっかちです。

手元に置いておきたい本は収納も考えて文庫本で買うことにしていますが、文庫本も高くなりましたね。